装置の特徴

乾燥特性の向上含水率70%~80%の汚泥→含水率30%以下に減少
破砕作用処理品を非常に細かい状態まで破砕
解臭作用汚泥や生ゴミの悪臭を分解
不要物質の除去塩分や微生物などを完全に除去
難分解物質の分離塩分、重金属類などを分離
処理品の燃焼化処理後も熱量を維持するため、燃料としての利用が可能

 

処理能力

施設面積36平方メートル
処理能力最大12t/日
年間保守費約150万円
(概算予算)
燃料費A重油 17L/h
使用電気15KW/200V/3P
運転要員2名

 

 

 

 

  処 理 工 程

 

       搬  入  ゴミ1

     ↓

 

 

 

 

 

             水熱反応装置図2

           ↓

 

 

 

 

 

 

            高温・高圧処理機械

           ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

          排  出土

           ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         発酵ヤードにて乾燥図2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る                                                                                                                                              システムの実績へ